『はち』、去勢手術

本日の日記には無修正の画像が含まれる為、体調の悪い方、
またはお食事中の方、または極度に内気な方はスルーして下さいます様、
お願いいたしますm(__)m


検査で異常が無ければ、今日は『はち』の去勢手術です。
『はち』は1ヶ月程前に酵母菌に冒され、酷い下痢と嘔吐で苦しんだ時に、
何度も病院にお世話になりました。
その時に、先生から「はち君は陰睾丸ですね。するなら去勢手術は早い方が
良いですよ」と、お話があり、聞いてみると・・・
本来は2個あるべきはずのタ○タマが、1個お腹の中に入ったまま降りて来て
いないそうです。
まれに成犬になってから降りて来るワンちゃんも居るそうですが、乳歯も抜け、
永久歯に生え変わる頃に降りてこなければ、だいたいはもう降りてくる事は
無いそうで・・・(泣)

元々、外にあって冷やされるべきタ○タマが手術をしないでおくと、将来、前立腺や
ガン等の病気になる確立が高くなってしまうそうで、遺伝的にも交配も好ましくない
らしく・・・(涙)

先生とお話しした時に、すでに1ヶ月先まで手術の予約は一杯で、真夏の
暑い時は避けたかったから予約が空いていた6月下旬の今日に決定!!

小雨の中、『ぶん』にはお留守番しててもらおうと思っていたのにお散歩に行くと
勘違いしている様で行く気満々(トホホ)

母  「ぶんちゃん、お散歩じゃなくて病院なんだよ。はっちゃんが
    手術なんだから・・・」
ぶ  「それは弟の一大事ですね!! お姉ちゃんだから付き添いますよっ!」


仕方ないからレインコートを着せて、2BUHIと出発です(トホホ)
ここで『ぶん』から一句、
姉だから 送って行くのは あたりまえ
b0134197_14461681.jpg

本当は、昨夜も、今朝も、病院に行く間も、病院の待合室でも、迷っていました。
“こんな小さい子が手術をするのは???”
“別にしなくても・・・・”
その反面、
“病気予防の為にはしないと!!”
“小さい時の方が楽だって言うし!!”
でも、診察室で最後に先生とお話して、決意してお願いして来ました。

母 「先生、必ず、生きて元気な『はち』が帰ってきますか?」
(かな~~~り、オーバーな私の発言に笑わないでねん(苦笑))
先 「大丈夫ですよ(笑) 任せてください(笑)」
 
b0134197_1581418.jpg
b0134197_15966.jpg

マイペースな『はち』は“地蔵犬”のごとく無表情(苦笑)

そんなわけで、『はち』は開腹手術をしなければならないので、病院に1泊するけど、
ガンバッテ、元気に帰って来てくれると願いながら
病院からの電話を待っています(^_^;)

最後に、無修正の『はち』の最後の“男の証
b0134197_15235712.jpg

[PR]

by bunhachi | 2008-06-26 15:31 | 病院